記事一覧

更新日2017年02月27日

リーマンショック徹底解説 – 金融危機の裏側で稼いだ人とカモになった人とは

  サマリー ・世界の金融市場に大ダメージを与えたリーマンショック ・大手の金融機関も多額の損失を被り経営破綻にまで追い込まれたところもあった ・しかし、その裏で保険会社などを「カモ」にして...

続きを読む
更新日2017年02月21日

リーマンショックを知るにはこれを知れ – 金融市場を必要以上に膨張させたCDOとは

  サマリー ・CDOとは債券の束から新しい債券を作り出す仕組みのこと ・CDOで創られた債券は主に「シニア」「メザニン」「エクイティ」の3層に分けられる ・リーマンショックの際には、この仕...

続きを読む
更新日2017年02月19日

サブプライムローン崩壊の裏側にあったCDSとは

  サマリー ・CDSとはプレミアムを支払う代わりに、プロテクションを得るデリバティブ契約のことである ・CDSには“保険”としての側面と、“投機”としての側面の両方がある ・サブプライムロ...

続きを読む
更新日2017年02月09日

円高は必然!?金融理論でわかる金利と債券と為替の関係

  サマリー ・金利と債券価格には負の相関関係がある ・金利の上昇があると短期的に見てその国の通貨は需要が高まる ・金利が高い国の通貨は長期的に見て価値が下がる     ...

続きを読む
更新日2017年01月30日

意外と身近なインサイダー取引 − 知っておきたいその事例

  サマリー ・インサイダー取引とは、特定の情報を入手した者がその情報を利用して株式の売買等を行う事である。市場の公正性を保つ為に禁止されている ・「買収」「業務提携」「新規事業立案」といっ...

続きを読む
更新日2017年01月26日

サブプライムローンの裏側にあったそもそもの仕組み ー 金融危機に備えて知っておくべきモーゲージ債とは

  サマリー ・モーゲージ債とは住宅ローンを担保として発行される債券のこと ・これはオリジネーター、発行体、投資家、それぞれにとってメリットがあり、アメリカで大流行した ・流行が過熱しサブプ...

続きを読む
更新日2017年01月09日

株式投資の効果は売買益だけではない!知っておくべき株主行動主義とは

  サマリー ・株主行動主義とは、株主が「株主としての利益」を守るべく活動すること ・株主行動主義は、1980年代にアメリカで生まれた ・株式行動主義の流れに沿ったヘッジファンドはアクティビ...

続きを読む
更新日2016年12月29日

【意外と知らない金融基礎知識】直接金融と間接金融の違い

  サマリー ・金融の形態には直接金融と間接金融がある ・直接金融はさらにプライマリーマーケットとセカンダリーマーケットに分かれている ・投資銀行はそれらのマーケットで企業や投資家の仲介業務...

続きを読む
更新日2016年12月11日

投資信託とヘッジファンドはどこが違うのか

  サマリー ・投資信託とヘッジファンドは、投資手法、運用に対する規制、収益目標やコストなどの面で大きな違いがある ・投資信託は「公募」のため厳格に規制されており、基本的にベンチマークとの比...

続きを読む
更新日2016年12月04日

金融・投資関連業の許認可関係

  サマリー ・金融商品取引業者など投資に関連する業者は、許認可制度や登録義務などによって法的に規制されている ・「金融商品取引業」「金融商品仲介業」「登録投資法人」「適格機関投資家等特例業...

続きを読む

片桐 峻

投資家、ファンドマネージャー。
日本にいる時は、時間を見つけてブログの読者さんとお茶しています。
興味ある方は以下からどうぞ。

管理人について
(お問い合わせ)