<手法別評価一覧へ戻る

投資手法別評価詳細

独立系投信


管理人は、以下の5つの観点により、評価を行っていきます。 

  • 流動性資産のやりくりがどれくらい容易か
  • 自己資金どれくらい自分のお金が必要か
  • 専門性専門知識の有無が結果にどれほど影響するか
  • 収益性どの程度リスクとリターンが見込めるか
  • コミットメントどれほど時間をかけて運用する必要があるか

総評

独立系投資信託での運用は、そこそこの価値があると考えます。 独立系の投資信託というのは、ヘッジファンドとして少人数のパートナーとスタートした組織が、一般の投資家から資金を集める為に、 「投資信託化した商品を売っている」という経緯であることが多いです。 投資信託化する仮定で、運用手法に規制が加えられる事になる為、ユニークな運用は難しくなりますが、 中には良い運用をしているものもあります。

自己資金:少額から可能

少ない資金でスタートすることが可能です。 一般的に、1万円程度からスタートすることが出来ます。

 

専門性:あまり必要ない

基本的には、プロに運用を任せることになるので投資家自身の深い専門性は必要ではありません。 ただし、独立系投資信託はそれぞれに固有の”戦略”を持っているので、それを理解することは重要ではあります。

収益性:ミドル

ミドルリスク・ミドルリターンと言えます。 投資信託という商品の特性上、多くの投資家に投資してもらう為に投資手法に規制が掛けられています。 この為、極端にリスクを取った大胆な運用をすることは無いですし、逆に大きく利回りが出ることも少ないと言えます。 ただし、大手金融機関系の投資信託よりもユニークな運用をしている場合が多く、中には高い利回りを出す投信も存在します。

流動性:高い

一般的に、流動性が高いと言えます。 多くの独立系投資信託は、いつでも換金解約が出来ます。 ただし、稀に一定期間解約出来ない、クローズド型の投資信託もありますので、 購入前に投資信託の説明書(目論見書)を確りと確認しましょう。

コミットメント:比較的少ない

時間的なコミットメントは比較的少なくすみます。 一度購入してからは、投資家としては特に作業は必要ありません。 ただし、各独立系投信はそれぞれ固有の”戦略”を持っているので、その戦略が長期的に見て価値のあるものか、 時代の流れに沿っているのか、投資家自身が考え続け、判断することは必要です。