Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/missinglink001/www/assetnotes/wdprs/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
イベント・ドリブン投資 | ASSET NOTES | ASSET NOTES

資産運用 Lab.

イベント・ドリブン投資

イベント・ドリブン

 

イベント・ドリブン(Event Driven)投資とは、企業の経営・財務に影響を与えるような、企業活動(Corporate Event)の発生に関連して、投資活動を行う、投資戦略の1つとなります。対象となる企業活動としては、買収・合併、リストラ、業務提携、自社株買い、増資、スピンオフ、資本の還元などが該当しますが、もっともイメージしやすいのは、やはり企業のM&Aや業務提携のタイミングです。コーポレートイベントが発生した際には、様々な原因(分析、財務整理、投資家の憶測等々)によって、対象の企業の株価が変動することがありますが、特に、イベント発生から間もない場合には、市場が誤った価格を提示している場合が、多々見受けられます。

しかし、この価格差異は時間とともに理論値に収束する傾向があることが過去の取引から経験則的に理解されているため、コーポレートイベント発生時に、詳細な証券分析を行い、理論値に収斂する方向へ取引を行います。また、具体的な細かい戦術としては、M&Aのタイミングでの買収企業が提示する買取価格と、市場での株価の乖離を収益機会とする”M&Aアビートラージ戦略”や、経営破綻状態の企業の株式や債券に注目する”ディストレスト戦略”などが挙げられます。

また、一部のヘッジファンドなどでは、価格差異(ミスプライシング)が自然と解消されるのを待つだけでなく、特に、M&Aの買取価格などについて、裁定取引を行い、積極的に収益をあげようとするケースも見受けられます。

分析手法>

投資戦略>


資産運用 Lab.

イベント・ドリブン投資

イベント・ドリブン

 

イベント・ドリブン(Event Driven)投資とは、企業の経営・財務に影響を与えるような、企業活動(Corporate Event)の発生に関連して、投資活動を行う、投資戦略の1つとなります。対象となる企業活動としては、買収・合併、リストラ、業務提携、自社株買い、増資、スピンオフ、資本の還元などが該当しますが、もっともイメージしやすいのは、やはり企業のM&Aや業務提携のタイミングです。コーポレートイベントが発生した際には、様々な原因(分析、財務整理、投資家の憶測等々)によって、対象の企業の株価が変動することがありますが、特に、イベント発生から間もない場合には、市場が誤った価格を提示している場合が、多々見受けられます。

しかし、この価格差異は時間とともに理論値に収束する傾向があることが過去の取引から経験則的に理解されているため、コーポレートイベント発生時に、詳細な証券分析を行い、理論値に収斂する方向へ取引を行います。また、具体的な細かい戦術としては、M&Aのタイミングでの買収企業が提示する買取価格と、市場での株価の乖離を収益機会とする”M&Aアビートラージ戦略”や、経営破綻状態の企業の株式や債券に注目する”ディストレスト戦略”などが挙げられます。

また、一部のヘッジファンドなどでは、価格差異(ミスプライシング)が自然と解消されるのを待つだけでなく、特に、M&Aの買取価格などについて、裁定取引を行い、積極的に収益をあげようとするケースも見受けられます。