Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/missinglink001/www/assetnotes/wdprs/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
外貨投資の特徴 | ASSET NOTES | ASSET NOTES

資産運用 Lab.

外貨投資の特徴

外貨投資の特徴としては以下の点が挙げられます

・どんな目的(外貨預金、外国株式)の投資活動でも、必ず為替の影響を受ける

・様々な手数料が発生する

・レバレッジをかけることで、リスク・リターンを数倍〜数百倍にすることができる

このページではそれぞれの特徴について順に見ていきましょう。

 

どんな目的(外貨預金、外国株式)の投資活動でも、必ず為替の影響を受ける

海外の銀行の高金利を目的とした、外貨預金を主とした、外貨投資であったとしても、為替変動の影響は常につきまとってきます

例えば、日本のある銀行の年利が0.02%なのに対し、A国の銀行の年利が2%(100倍!)であることを知ったあなたが、その高い金利に目をつけ100万円を預金しようと思ったとします。

預け入れ時の為替が1ドル=100円だったして、10,000ドル預け入れることになるため、

1年後には10000ドル×1.02=10200ドル に資産が増えています。

日本の銀行に預け入れていたままだった場合、

100万円×1.0002= 1,000,200円 で200円しか増えないことを考えると、

102000ドル×100ドル/円 = 102万円

になっているため、+2万円となり、資産運用に成功すると考えられると思います。

しかし、これは為替が変動しないことを前提とした見積もりが前提となっており、1年後の為替レートが95円になってしまうと、途端に、102000 × 95 = 969,000 円 で資産は減ってしまうことになります。

一方で、1年後に、1ドル=105円になっていた場合、102000ドル×105= 1071000円と大きく資産を伸ばす可能性もあります。

これは海外株や外国債券に投資する場合なども同様で、特に外国債において保証されているものは現地通貨での額面である場合が一般的です。

このように外貨投資を行う場合は常に為替相場の影響を受けるということを考慮しなければなりません。

 

様々な手数料が発生する

これは1つめの特徴である「為替の影響を受けること」にも深く関連していますが、 外貨での投資活動を行う際には、常に為替手数料がかかってきます。

例えば、外貨預金の場合、円からドルへの交換の際に、1ドル当たり1円の為替手数料がかかります。 また、解約の際にも同様に為替手数料が発生するため、預金時よりも2円以上円安になっていなければ、元本を割ってしまうということになります。 ただし、この為替手数料も近年少しづつ多様性を増し、下がってきているところもあります。

例えば、ネット銀行の場合、一般に店舗型の銀行よりも為替手数料(含め諸々の手数料)が低く設定されている傾向にあります。 また、外貨MMFの場合の手数料は50銭で、往復で1円のところが大半ですし、FXは1銭程度が大半です。

このように、”もの”によって様々な設定が存在するものではありますが、 外貨投資の際には、必ず為替手数料が発生するという点も、外貨投資の特徴の1つになります。

 

レバレッジをかけることで、リスク・リターンを数倍〜数百倍にすることができる

外貨投資の中でも、特にFXは大きく”レバレッジ”をかけられることに大きな特徴があります。レバレッジについては、別ページでも詳しく解説していますが、ここでも簡単に解説しておきます。

レバレッジとは日本語で「てこ」のことを表しますが、資産運用においては自己資金以上の投資活動を行えることを示します。例えば、レバレッジを5倍かけると、自己資金を100万円で500万円まで取引することができます。1ドル100円の時に、100万円分の米ドルを購入するケースと、500万円分投資するケースを比較してみましょう。

スクリーンショット 2016-01-07 01.42.20

 

このように、投資金額が大きくなればなるほど、リスク・リターンもそれに比例して大きくなることは明らかですが、レバレッジをかけることで、それを数倍にできるようになります。先のケースだと、100万円しか自己資金がない人でも、レバレッジを5倍までかければ、500万円運用している人と同じように、-50万〜+50万円のリスク・リターンを取ることができます。

この、レバレッジを非常に高くかけることができる点がFXの特徴になります。例えば、株式投資の場合、信用取引を行ってもレバレッジは最大で3倍までしかかけることができませんが、FXの場合は25倍までかけることができます。また、海外のFX会社を利用すれば、最大で1000倍なんてレバレッジをかけることも可能なようです。レバレッジは、リスク・リターン共に倍増させる諸刃の剣なので、よく考えてかける必要があります。

また、「ロスカット」などといった特殊な制度も存在する、1つの投資オプションです。このオプションが他の投資手法よりもより強く効かせられるという点が、FXの特徴になります。

預貯金>

>

債権>

外貨>

不動産>

投資信託>

独立系投信>

ヘッジファンド>


資産運用 Lab.

外貨投資の特徴

外貨投資の特徴としては以下の点が挙げられます

・どんな目的(外貨預金、外国株式)の投資活動でも、必ず為替の影響を受ける

・様々な手数料が発生する

・レバレッジをかけることで、リスク・リターンを数倍〜数百倍にすることができる

このページではそれぞれの特徴について順に見ていきましょう。

 

どんな目的(外貨預金、外国株式)の投資活動でも、必ず為替の影響を受ける

海外の銀行の高金利を目的とした、外貨預金を主とした、外貨投資であったとしても、為替変動の影響は常につきまとってきます

例えば、日本のある銀行の年利が0.02%なのに対し、A国の銀行の年利が2%(100倍!)であることを知ったあなたが、その高い金利に目をつけ100万円を預金しようと思ったとします。

預け入れ時の為替が1ドル=100円だったして、10,000ドル預け入れることになるため、

1年後には10000ドル×1.02=10200ドル に資産が増えています。

日本の銀行に預け入れていたままだった場合、

100万円×1.0002= 1,000,200円 で200円しか増えないことを考えると、

102000ドル×100ドル/円 = 102万円

になっているため、+2万円となり、資産運用に成功すると考えられると思います。

しかし、これは為替が変動しないことを前提とした見積もりが前提となっており、1年後の為替レートが95円になってしまうと、途端に、102000 × 95 = 969,000 円 で資産は減ってしまうことになります。

一方で、1年後に、1ドル=105円になっていた場合、102000ドル×105= 1071000円と大きく資産を伸ばす可能性もあります。

これは海外株や外国債券に投資する場合なども同様で、特に外国債において保証されているものは現地通貨での額面である場合が一般的です。

このように外貨投資を行う場合は常に為替相場の影響を受けるということを考慮しなければなりません。

 

様々な手数料が発生する

これは1つめの特徴である「為替の影響を受けること」にも深く関連していますが、 外貨での投資活動を行う際には、常に為替手数料がかかってきます。

例えば、外貨預金の場合、円からドルへの交換の際に、1ドル当たり1円の為替手数料がかかります。 また、解約の際にも同様に為替手数料が発生するため、預金時よりも2円以上円安になっていなければ、元本を割ってしまうということになります。 ただし、この為替手数料も近年少しづつ多様性を増し、下がってきているところもあります。

例えば、ネット銀行の場合、一般に店舗型の銀行よりも為替手数料(含め諸々の手数料)が低く設定されている傾向にあります。 また、外貨MMFの場合の手数料は50銭で、往復で1円のところが大半ですし、FXは1銭程度が大半です。

このように、”もの”によって様々な設定が存在するものではありますが、 外貨投資の際には、必ず為替手数料が発生するという点も、外貨投資の特徴の1つになります。

 

レバレッジをかけることで、リスク・リターンを数倍〜数百倍にすることができる

外貨投資の中でも、特にFXは大きく”レバレッジ”をかけられることに大きな特徴があります。レバレッジについては、別ページでも詳しく解説していますが、ここでも簡単に解説しておきます。

レバレッジとは日本語で「てこ」のことを表しますが、資産運用においては自己資金以上の投資活動を行えることを示します。例えば、レバレッジを5倍かけると、自己資金を100万円で500万円まで取引することができます。1ドル100円の時に、100万円分の米ドルを購入するケースと、500万円分投資するケースを比較してみましょう。

スクリーンショット 2016-01-07 01.42.20

 

このように、投資金額が大きくなればなるほど、リスク・リターンもそれに比例して大きくなることは明らかですが、レバレッジをかけることで、それを数倍にできるようになります。先のケースだと、100万円しか自己資金がない人でも、レバレッジを5倍までかければ、500万円運用している人と同じように、-50万〜+50万円のリスク・リターンを取ることができます。

この、レバレッジを非常に高くかけることができる点がFXの特徴になります。例えば、株式投資の場合、信用取引を行ってもレバレッジは最大で3倍までしかかけることができませんが、FXの場合は25倍までかけることができます。また、海外のFX会社を利用すれば、最大で1000倍なんてレバレッジをかけることも可能なようです。レバレッジは、リスク・リターン共に倍増させる諸刃の剣なので、よく考えてかける必要があります。

また、「ロスカット」などといった特殊な制度も存在する、1つの投資オプションです。このオプションが他の投資手法よりもより強く効かせられるという点が、FXの特徴になります。