<手法別評価一覧へ戻る

投資手法別評価詳細

ヘッジファンド


管理人は、以下の5つの観点により、評価を行っていきます。 

  • 流動性資産のやりくりがどれくらい容易か
  • 自己資金どれくらい自分のお金が必要か
  • 専門性専門知識の有無が結果にどれほど影響するか
  • 収益性どの程度リスクとリターンが見込めるか
  • コミットメントどれほど時間をかけて運用する必要があるか

総評

アクセスができ、始めるに当たって必要な資金を保有しているのであれば、ヘッジファンドでの運用は優れていると言えます。

ヘッジファンドの特徴はプロの専門的な運用に任せることが出来ると言う点であり、この為どのような相場であっても収益が出ることが期待出来ます。

優れたヘッジファンドに出会えたのであれば、資金を預けて後は見守るだけであり、投資家としてのコミットメントは非常に少なくて済みます。

自己資金 ”ある程度の自己資金が必要”

一般的なヘッジファンドは、初期の預け入れ額として最低1-10億円が必要になります。
しかし、中には500-1000万円で預け入れることの出来るヘッジファンドも存在します。

 

専門性 ”殆ど必要無し”

プロに運用を任せることになるので、投資家自身の専門性は必要ではありません。
ヘッジファンドのマネージャーがする運用は大抵極めて専門性が高く、その全てを投資家が理解するのは不可能と考えていいでしょう。
ただし、ファンドのマネージャーが信頼に足る人物かを見定めることは必要です。

収益性 ”優れている”

ヘッジファンドの運用は、一般的に言って優れています。
中には高いリスクを取ってそれが外れ大きな損失を出すファンドもありますが、これはヘッジファンドの中では例外と言えます。
ヘッジファンドとは、相場の下落をヘッジ(=回避)するというのが名前の由来であり、優れたヘッジファンドは長期に渡り如何なる相場でも勝ちます。

流動性 ”比較的低い”

流動性は比較的低いです。
各ヘッジファンドは年に1-4回の解約期が設けられており、投資家はそのタイミングで解約が可能となります。
ヘッジファンドに投資をする際は、長期で投資する心構えで、余裕資産を預け入れることをオススメします。

コミットメント ”不要”

投資家のコミットメントは不要です。
一度購入してからは、ヘッジファンドマネージャーのレポートに目を通し、どのような戦略でどの程度利回りが出ているかを確認する程度で良いでしょう。