<手法別評価一覧へ戻る

投資手法別評価詳細

預貯金


管理人は、以下の5つの観点により、評価を行っていきます。 

  • 流動性資産のやりくりがどれくらい容易か
  • 自己資金どれくらい自分のお金が必要か
  • 専門性専門知識の有無が結果にどれほど影響するか
  • 収益性どの程度リスクとリターンが見込めるか
  • コミットメントどれほど時間をかけて運用する必要があるか

総評

総評としては、資産運用(自己資産を増やす)という観点から見ると「やや適していない」と言えます。基本的に資産を増やす目的の手法ではないため、目的からすると適していないものの、投資家にとってすぐに出し入れ可能な貯蓄は必要となるため、”やや”適していないと判断しました。

自己資金 ”不要”

自己資金はほぼ不要になります。口座開設のために1,000円程度必要になる場合もありますが、必要資金としてはその程度になります。実質0円とみなすこともできる極小の自己資金で始めることができます。

専門性 ”不要”

専門性はほぼ不要になります。銀行によって多少の金利の違いや、様々なサービスの違いがあるものの「資産運用」というレベルで見ると、誤差に等しいです。自身にとって使いやすいもの(ネットサービスの充実、ATMの設置など)を検討すれば十分です。

収益性 ”無し”

収益性はほぼ無いです。基本的に資産を増やすことを目的としておらず、”守る”ための手段のため、収益性はほぼ0と見て良いでしょう。

流動性 ”極めて高い”

流動性は非常に高いです。いつでも任意の金額を1円単位で出し入れすることが可能です。昨今はネットバンキングも普及し、自宅にいながら各種振り込み等々も可能になってきています。

コミットメント ”不要”

ほぼ無し。資金管理が目的の預貯金について、時間的コミットメントは必要ありません。必要な時にだけ、金額を確認できればよいです。